FC2ブログ

医療費控除行ってきました!

こんにちは!

この前シティプラザ(三重県伊勢市)に申請しに行ってきました。

初めてだったので全く訳がわからずでしたが、スタッフの方も多くてわからない事に関して聞いたら

丁寧に説明していただきました。

パソコンで『次へ』のボタンを押したり、金額を入力したりするだけでした!

最後に確認用紙をコピーして頂きそれを同室内の担当スタッフに渡してかかった時間は20分くらいでした。

結果・・・私は子供2人と夫婦 4人合わせて昨年22万程度の治療費で返ってきたのは6千円くらい。

ラッキーです^^!

操作もとっても簡単でした^^

パソコンが苦手でもスタッフの方がずっとついて教えてくれるので大丈夫ですよ^^

残りわずか!まだの方は急いで行ってみてください^^

スポンサーサイト



pickup!矯正治療 医療費控除の対象です

矯正治療をされている方。

医療費控除の対象です。

他にもその治療にかかる交通費も含まれるパターンも!


高額治療だけに一度チェックしてみる価値ありですよ☆

 詳しくはこちら・・・
医療費控除

医療費控除 計算方法

<医療費控除の計算方法>

医療費控除の制度を知らなくて、過去の分を申告していない場合には、5年前までに遡って申告ができるんですよ

その間に転居した場合は、転居先の税務署で申告します。


医療費控除額=①-②-③ で計算する

①1年間にかかった医療費

年をまたいだ治療費については、12月31日までの分と1月1日以降の分は分けなければなりません。

1月1日以降の分は翌年度の対象となります。


②生命保険・損害保険の医療保険で補填される金額:いわゆる入院給付金・手術給付金

出産の場合、健康保険組合や共済組合などから支給される出産育児一時金、家族出産育児一時金、出産費、配偶者出産費なども、医療費控除の額を計算する時に医療費から差し引いて計算する必要がです。


③10万円、または所得金額の5%のどちらか少ない金額

所得金額が200万円未満の人は、10万円でなく所得金額の5%を差し引く。

なお、医療費控除には最高限度額が定められており、200万円を超える医療費控除はできません。

医療費控除の計算方法②上記の計算方法で計算した医療費控除額×所得税率(課税所得金額によって異なる)=還付金 と計算され、この金額が確定申告により還付される金額の概算金額となります。

<医療費控除の計算方法の参考サイト>

国税庁のサイト http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm

に詳しく書かれているので参考にするといいでしょう。

医療費控除 申請方法・期間

医療費控除  必要書類について


<申請期間・方法>


確定申告の提出時期は2月16日から3月15日までで、この時期はどの税務署も込むので、国税庁のHPから確定申告の用紙をプリントアウトして、それに書き込んで郵送でも受け付けてもらえます。

<申告書の書き方をわかりやすく説明しているサイト>

代表的なサイトは、

国税庁のタックスアンサー http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

go相談com http://www.gosoudan.com/



これらのサイトでは申告書の書式をはじめとして、申告書の書き方も掲載されているので、税務署に行かなくても自分で申告書を作成することが出来ますよ。

小さいお子さまがいても大丈夫^^

医療費控除に必要な書類②<医療費控除に必要な書類等>

医療費控除に必要な書類等は、確定申告の用紙、病院の領収書、源泉徴収票、認印、通帳、身分証明書などです。

注意点:領収書はコピーは認められていません。

また、領収書のかわりに健康保険組合から通知された「医療費のお知らせ」を確定申告に添付しても医療費控除は受けられないとされています。


また、確定申告で医療費控除に必要な書類等を提出し、結果として還付金が発生する場合には、還付金の振込先の郵便局や銀行口座の口座番号の情報と印鑑が必要となります。

銀行口座を指定した場合には、申告書提出からだいたい1~2ヶ月くらいの間に税務署より還付の通知のはがきが送られてきて、銀行口座に入金されます。

また、郵便局を指定した場合には、通知のはがきが到着したら郵便局の窓口に受け取りに行ってください。

2011年 歯科の医療費控除について

*2011年*医療費控除について


確定申告の中でも関心が高いのは税金が返ってくる還付です。

その代表的なものが医療費控除です。

医療費控除は、医療費を一定の金額以上支払った場合に、確定申告をすると一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。

年度の計算方法としては、前年の1月1日から12月31日までの1年間で、医療費が年間10万円を超えた場合、あるいは所得金額の5%を超えている場合に申告することができます。

共稼ぎの夫婦の場合は、所得の高いほうで合算して申告したほうが有利になるケースがあります。

かかった医療費の領収書・レシートと申告書がないと申告することができないので、医者にかかったら必ず領収書をもらい保管しておきましょう。

もし!領収書を残していない方でもほとんどの病院は再発行してくれます。




医療費控除の対象②・対象となる医療費

自分自身、家族(生計をともにする親族)のために支払った医療費

医療費の内容としては、

・保険治療すべて

・矯正治療 
  

発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。しかし、同じ歯列矯正でも、容ぼうを美化するための費用は、医療費控除の対象になりません。

※矯正代金をクレジット払いの方について


患者様が支払うべき治療費を信販会社が立替払をして、その立替分を患者が分割で信販会社に返済していくものです。したがって、信販会社が立替払をした金額は、その患者のその立替払をした年(歯科ローン契約が成立した時)の医療費控除の対象になります。 なお、歯科ローンを利用した場合には、患者の手もとに歯科医の領収書がないことが考えられますが、この場合には、医療費控除を受けるときの添付書類として、歯科ローンの契約書の写しや信販会社の領収書を用意してください


・自費診療の一部
現在、金やポーセレンは歯の治療材料として一般的に使用されているといえますから、これらを使った治療の対価は、医療費控除の対象になります。



・交通費の一部
治療のための通院費も医療費控除の対象になります。小さいお子さんの通院に付添が必要なときなどは、付添人の交通費も通院費に含まれます。通院費は、診察券などで通院した日を確認できるようにしておくとともに金額も記録しておくようにしてください。通院費として認められるのは、交通機関などを利用したときの人的役務の提供の対価ですから、自家用車で通院したときのガソリン代や駐車場代等といったものは、医療費控除の対象になりません。



医療機関での医療行為(診療費・薬代・入院費)、通院費用(交通費)、医療用器具(松葉杖など)などです。



また、出産などの費用もほとんどが対象となります。

<対象外となる費用>
・自費治療

歯の治療については、保険のきかないいわゆる自由診療によるものや、高価な材料を使用する場合などがあり治療代がかなり高額になることがあります。このような場合、一般的に支出される水準を著しく超えると認められる特殊なものは医療費控除の対象になりません。



・美容整形、近視や遠視の矯正のための眼鏡・コンタクトレンズ、成人してからの歯列矯正は、美容の目的で行うとみなされるので対象にはならないとされている。

・医師、看護師への謝礼、人間ドック・健康診断などの費用、出産で里帰りした場合の交通費なども対象外とされています。


この中で、通院費用(交通費)については、タクシー以外は領収書が残らないので、公共交通機関を使って通院した場合などはメモ書きでも問題ありません。

対象になるかどうか分からない場合には、税務署の人に聞けば親切に教えてくれます。




私も愛用☆

かわいい子供服

副業